佐伯獣医科病院

病院紹介

年末年始の休診日のお知らせ

12/30(水)から、1/3(日)までお正月休診となります。





2020/12/21

皆様お変わりなくお過ごしの事と存じます。

今年の初めに中国武漢から世界中へ広がった新型コロナウィルスの大流行、WHOのパ ンデミック宣言から約1年がたとうとしてますね。

日本においては、諸外国のような都市封鎖は免れたものの国民一人一人に自粛自制を 要請することで現在に至っております。私たちが未曽有の事態に不安でおびえている 間も、第一線で未知のウィルスと戦い続けてくれた医療従事者の皆様、行政関係の皆 様、そして私たちの日常生活を守るために危険な中働き続けてくれた、物流関係や販 売業などのエッセンシャルワーカーの皆様の勇気のおかげで、今の私たちの生活があ ることに心より感謝申し上げます。子供たちが学校にも行けず、あちこちでクラス ターが発生し、息を凝らして毎日を過ごした日々の中で、自由に行動できる有難さ、 当たり前の日常を送れる有難さを再確認致しました。
一方で、私たち人間による自然 破壊が、今回のような新たな感染症発生の遠因のひとつである可能性も指摘されており、 気候変動や食料問題を含む環境問題に対して、今を生きている私たちが今やるべ きこととは何なのか、考えさせられた日々でもありました。
未来の子供たちのため に、日本だけではなく世界という観点で世の中を見ていかなくてはとしみじみ考えさ せられた日々でした。

新しい一年が、皆様にとって幸多き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

佐伯獣医科病院 院長 佐伯良重




東京ドクターズに紹介されました!

佐伯良重院長のインタビューが掲載されました。

どうぞご覧ください。





予防について

ノミ・マダニの予防薬やフィラリアの予防の季節になりました。
東京都での予防期間は、5月から12月となります。
一度感染してしまうと、大変、怖い病気なので予防をお勧めいたします。
予防薬は、おやつタイプのおいしいものもあります。

〜ノミ・マダニ予防のお知らせ〜

暖かくなるとノミ・マダニが発生します。

アレルギー性皮膚炎予防のためにも、

定期的なノミ・マダニの予防、駆虫をおすすめします。

➡『ダニ媒介による重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について』(トピックス1)

〜フィラリア予防のお知らせ〜

フィラリアはきちんと予防薬を投与すれば100パーセント防げる病気です。 犬糸状虫(フィラリア)は蚊の媒介によって感染します。よってフィラリア予防は蚊が活動するシーズンに必要になります。 蚊は気温室温が約14度以上になると吸血活動を開始し、ここ関東ではだいたい 5月下旬から12月まで予防薬を投与すればよいでしょう。 注意しなければならないのは、蚊の活動シーズンと同じではなく、蚊の活動開始1ヵ月後から蚊の活動終了1ヵ月後までが投薬期間になります。 1ヶ月ずつうしろにずれるのは、フィラリア予防薬は〝予防〟ではなく、感染後に対処する〝駆虫〟だからです。 フィラリアの予防薬は要指示薬です。もらった薬をかってに飲ませることは危険です。 シーズン開始時には動物病院で処方してもらわなければなりません。前シーズンに飲み忘れがあり、気づかないうちにフィラリアに感染していた場合、駆虫薬の影響で死んだミクロフィラリアが犬の血管に詰まり、犬が突然死することもあります。 また犬の体重によって投薬量が決められているため、薬の効果を出すためには正確に体重を計る必要があります。


〜狂犬病予防〜

「狂犬病予防法」という法律により、飼い犬は毎年1回の予防接種を義務づけられています。 毎年春になりましたら、練馬区のホームページで集合注射の予定が発表されます。
※集合注射を受けられなかった方は動物病院でも受けられます。

➡「狂犬病」に関するトピックスはこちら(トピックス2)


〜予防接種〜

「ワクチン接種により命にかかわる感染症を防ぐことができます。100%ではなくても発症を大幅に下げることが可能です。当院でおすすめする予防接種は以下のとおりです。

犬の予防接種

犬ジステンパー
犬パラインフルエンザ
犬アデノウイルスI型感染症
犬アデノウイルスII型感染症
犬パルボウイルス感染症
犬レプトスピラ病
(イクテロヘモラジー、カニコーラ、ヘプドマディス)

猫の予防接種

猫ウイルス性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫汎白血球減少症(ネコパルポウィルス)

ワクチンは元気で食欲もあるときに打ちましょう。またワクチン接種後はシャンプー、激しい運動を避け、様子をみましょう。


〜ワンちゃんの熱中症にご注意ください〜

毛でおおわれたワンちゃんは人間より暑さに弱い動物です。お散歩やお留守番の際には十分気をつけましょう。

➡犬の熱中症について(トピックス4)


〜当院スタッフ三澤の仕事ぶりが紹介されました〜

東京愛犬専門学校「卒業生の声」欄にて、当院での仕事ぶりを紹介されました。

HPはこちら➡東京愛犬専門学校「卒業生の声」(外部リンク)

詳しい記事は「院長・スタッフ」ページよりpdfファイルをダウンロードできます。

スタッフ三澤

リニューアル後の院内紹介

待合室はその時々のケースによりワンちゃん用と猫ちゃん用に別れて待つ事もできます。

広く明るく清潔になった当院では、設備機械のさらなる導入も図り、素早い診断と動物に負担の少ない最新の治療を一層充実させていく所存です。

明るく前向きなスタッフがこれからも努力を重ねて参ります。

新しくなった佐伯獣医科病院をどうぞよろしくお願いいたします。

➡病院設備

病院紹介

9:00~12:00 ×
16:00~18:00 × ×

休診日は土曜日午後、日曜、祝日になります。

診療対象動物

  • 犬
  • 猫

一般診療、健康診断、予防接種、避妊去勢手術、各種外科手術

ダニ媒介SFTS
ダニ媒介SFTS
狂犬病
狂犬病
動物愛護法改正
動物愛護法改正
犬の熱中症について
犬の熱中症について
地震・災害時のペット避難
地震・災害時のペット避難
犬の熱中症について
病院紹介
犬の熱中症について
院長インタビュー
患者さん口コミ
患者さん口コミ
徒歩動画
徒歩動画

お問い合わせお問い合わせ

住所
練馬区南大泉5-22-11
TEL
03-3978-5521
診療時間
月〜金 9時〜12時
16時〜18時
土曜日
9時〜12時
休診日
日曜、祝日
診療動物
犬、ねこ
いいね ! いいねしました。見てみましょう